読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osiire’s blog

ふしぎなそふとやさん

OCamlSpotter使ってみた

caml-listにも流れてたので、OCamlSpotterを試してみた。OCamlSpotterはid:ocamlspotter氏によるOCaml開発支援のツールで、emacsOCamlのソースを読んでいる時に、指定した変数の定義箇所にジャンプできるという便利なやつです。しかも、ソースコードがバッファにのってなくてもジャンプ可能。モジュールのopenにも対応してる。

ダウンロードは、http://www.furuse.info/jun/hacks/ocamlspotter/。インストールはこんな感じ。

$ cvs -d :pserver:anoncvs@camlcvs.inria.fr:/caml co ocaml
$ cd ocaml
$ tar xf ~/Downloads/ocamlspot-beta1.tar
$ ./configure; make world; make opt
$ sudo make install
$ cp ocamlspot/ocamlspot.el ~/.elisp <-これは.elファイルを使うため。ロードパスの効いている場所へ適当に。

.emacsに次の行を追加。(tuareg-modeの人はhookが違うので注意)

(setq ocamlspot-path "/usr/local/bin/ocamlspot")
(autoload 'ocamlspot-query "ocamlspot" "OCamlSpot")
(add-hook 'caml-mode-hook
'(lambda ()
(local-set-key "\C-c;" 'ocamlspot-query)))

ジャンプを試したいプログラムをコンパイルして(-annotオプションを付けて)、ソースコードを開く。
定義元を参照したい変数にカーソルを合わせて、C-;でジャンプ!